SUPER FORMULA NEWS

第6戦 2017年9月23日(土)~24日(日) スポーツランドSUGO

7号車 フェリックス・ローゼンクヴィスト 選手 予選12位、決勝5位
8号車 大嶋 和也 選手 予選18位、決勝1位

23日(土)天気:晴れ  コース状況:ドライ 気温 21℃ 路面温度22℃

24日(日)天気:晴れ  コース状況:ドライ 気温 26℃ 路面温度41℃

スーパーフォーミュラは中1週のタイトな日程で九州から東北へと舞台を移した。シリーズ第6戦はスポーツランドSUGOでのレースとなる。前戦で2位&3位、ダブル表彰台フィニッシュを達成したSUNOCO TEAM LEMANSは一層意気高く、宮城県のSUGOへと転戦してきた。ローゼンクヴィストのドライバーズタイトル、そして大嶋との合算得点によるチーム部門タイトル、ともに視界に入ってきている状況である。ここを終えれば残すは最終戦鈴鹿のみとなるSUGO戦は極めて重要な一戦となる。予選日は朝のフリー走行がウエット路面から始まり、次第に乾いていく流れに。午後の予選はドライコンディションでの戦いとなった(今回からドライタイヤは再び1スペックのみの運用)。

予選
7号車 フェリックス・ローゼンクヴィスト選手 予選結果:12位(予選Q2ベストタイム:1'05.889)
朝のフリー走行、ローゼンクヴィストは初めて走行するコースでありながらセッション最終盤にトップタイムをマーク。これは路面状況が最も良くなったところで出たタイムで、他車の走行内容やタイヤの状態も一定でないなかの参考タイムではあるが、この世界的強豪にとって初コースは足かせにならないようだ。しかし、予選は苦しんだ。Q1を10位で突破するも、Q2では12位に甘んじる。4戦連続表彰台に向け、決勝での巻き返しを狙うことに。

8号車 大嶋 和也選手 予選結果:18位(予選Q1ベストタイム:1'06.524)
前戦の好成績を今回につなげたかったカーティケヤン、しかし朝のフリー走行でピット入口の白線カットが複数回あり、予選前に10グリッドダウンのペナルティが確定してしまうことに。残念な状況で迎えた午後の予選ではあったが、Q1を11位で通過しQ2へ。Q3進出も期待されるところだったが、残念ながらQ2ではアタックを決めきれず14位に甘んじた。

決勝
7号車 フェリックス・ローゼンクヴィスト選手 決勝結果:5位(所要時間:1時間19分11秒911、ベストラップ:1'08.757)
決勝日は晴れ。SUNOCO TEAM LEMANSは挽回を狙って、無給油、ノーピット作戦の敢行を決意した。これは7号車担当エンジニア、ライアン・ディングルの脳内には「1週間くらい前から、考えのひとつとしてありました」というものでもある。
ローゼンクヴィストは12番グリッド発進から序盤は11~12番手での走行に。やがてライバルたちのピットインにより順位は上がる。同じ無給油作戦を狙った18号車の背後でペース的に抑え込まれた面もあったが、レース終盤、給油組のピット作業が終わった段階でローゼンクヴィストは5位。前に18号車、後ろには給油をした1号車。燃料的な余力が違う1号車には抜かれるも、18号車が最終周に大幅ペースダウンしたため、ローゼンクヴィストは5位に復帰。おそらくは今回、本当の意味で無給油作戦を完遂、成功させた唯一の存在として5位入賞を果たし、4戦連続表彰台こそならずも、ローゼンクヴィストは5レース連続のトップ5フィニッシュを成し遂げ、シリーズ3位を守り、首位とは5点差。2レース制で実施される最終戦鈴鹿に自力逆転チャンピオンの権利を残すことにも成功している。

8号車 大嶋 和也選手 決勝結果:15位(所要時間:1時間19分13秒039、ベストラップ:1'08.683)
大嶋も無給油狙い。18番グリッドを捨て、20番グリッドの位置(実質19番手)に手押しでマシンをつけてからフォーメーションラップへ。1周目終了時の順位は17番手。燃費もケアしつつの戦い、序盤は19番手に戻っての走行となったが、作戦通りに順位は上がっていく。レース終盤には12番手の位置へ。最後尾発進から、ローゼンクヴィストと同じ実質7ポジションアップでのフィニッシュも見えてきていた。しかし、わずかに燃料が足りない状況が判明し、残り3周でピットイン。15位に下がり、大嶋は実質4ポジションアップでのゴールとなった。

フェリックス・ローゼンクヴィスト選手 コメント
「我々と同じ無給油作戦を狙ってきた18号車をパスすることができず、ペース的に付き合うような展開になったことは辛かったですね。もっと速いペースで走って、さらに上の順位でゴールできた可能性もあったと思うだけに残念です、でもこれがレース、仕方ないですね。無給油ノーストップの戦略は基本的に良かったですし、うまく機能したといえるでしょう。今日の5位という結果は「OK」だと思っています。」

大嶋 和也選手 コメント
「今回はマシンのバランス的になかなか良い感触を得られず、予選は残念な結果になってしまいました。無給油の予定で戦った決勝も、局面によってプッシュしたり、セーブしたりして走ったのですが、最後に給油が必要な展開になりました。厳しいレースウイークでしたね。最終戦は鈴鹿で今年2回目の実戦になりますから、前回の反省も活かしつつ、気持ち良く今季を終われるレースができるよう準備します。」

片岡 龍也監督 コメント
「ローゼンクヴィストは18号車が前にいる状況が続かなければ、給油組に割り込んで表彰台フィニッシュの可能性もあったと思います。そういったことも考えると、今回はベストとはいえないレースでしたが、わるくないリザルトを残すことはできた、というところでしょう。シリーズ2位の15号車とは少し差が開きましたけど、シリーズ首位の2号車とは1ポイント、その差を詰めることにもなりましたからね。最終戦鈴鹿に向けて、ローゼンクヴィストの自力逆転ドライバーズチャンピオン獲得の望みをつなぐこともできました。
大嶋は残念でしたが、チーム部門チャンピオンについても可能性は残っているようですし、我々は最後まで皆で一生懸命頑張ります。最終戦は2レース制でレース距離が長くないですから、戦略の幅も狭まります。当然、予選が1レース制以上に大切にもなってきますね。予選でのパフォーマンスアップというのがチームの課題という面も含めて、チーム全体でしっかり考えて最終戦に臨もうと思います。」

脇阪寿一 ヘッドコーチ コメント
「アクシデント的な要素でスターティンググリッドが2人とも後方になり、ポイントを獲得することはできませんでしたが、速さはどちらもありました。チームとしては何事もなくきちんとレースを戦うことができた、そういう決勝日にもなり、これは今週末、スタッフのみんなが常にコミュニケーションをしっかり取りながら頑張ってきた成果だと思っています。小林は終盤、鈴鹿に向けてのデータを得る意味もあってタイヤ交換をしたわけですが、マシンを降りた後の彼は明るい表情で、「これなら戦えます」ということを言ってくれました。今季これまでとは違うフィーリングが出てきているんだと思います。」 

シリーズランキング
小林可夢偉:ー位/ 0ポイント
ナレイン・カーティケヤン:14位/ 5ポイント
チーム:10位/ 5ポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Motor Sports

  • SUPER Formula
  • SUPER GT
  • スーパー耐久
  • 歴代ドライバー
  • 国内レース
  • アメリカンレース
  • ギャラリー
  • ダウンロード
  • アクティビティー
  • -

上へ